30代男性の肌ケア法

バルクオム肌活コース公式サイト

 

ここでは30代男性の肌ケアについて、お話していきたいと思います。

 

30代男性

男性の肌は女性と比較しますと皮脂量がかなり多いと言われていますが、その皮脂分泌量も30代がピークとなり、徐々に減少し始めるのだそうです。

 

ですから20代では脂性肌で悩んでいたのに、30代になると乾燥肌で悩まされるようになる、ということも十分有り得るのです。

 

一見乾燥肌になれば手入れが楽になるように錯覚しがちですが、実は乾燥肌の方が肌トラブルになりやすく、ケアにもお金や時間がかかるとのことです。

 

また皮脂量の減少に伴ってあぶらとり紙の使用回数も減り、ニキビになりにくくなるのは自然なことなのですが、普段の食生活が油物や高カロリーな食物、或いは甘いもの等に偏っていたり、睡眠不足・ストレス等の外的要因によって、大人ニキビができる場合もありますから、生活習慣や食生活が乱れないよう、注意することが大切です。

 

ニキビ

一方でスキンケア不足や間違ったスキンケア方法によって、必要な分の皮脂まで失われることによって乾燥肌になり、紫外線の影響を受けやすくなって、シミや肌荒れの原因になってしまうのです。

 

乾燥肌対策には保湿と油成分の補給が大切ですが、化粧水の塗布による保湿については、20代で既にやっているものと思います。

 

しかし30代以降は皮脂量の減少によって油成分が足りなくなりますから、化粧水に加えて、乳液や保湿クリーム等によるケアも必要となるのです。

 

乳液や保湿クリームを新たに選ぶ際には更なる保湿成分の補給が必要となりますから、共通してセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタ・スフィンゴ脂質・エラスチン等の、代表的な保湿成分を含む製品を選ぶようにしましょう。

 

また30代以降の肌は、冬場の乾燥でダメージを受けやすくなりますから、ケミカルな成分の多い乳液やクリームが肌に合わない場合は、ワセリン等を併用するのも1つの方法です。

 

もしニキビができてしまったときは手で潰したりせず、自力だけでは解決しない場合は皮ふ科の医師に受診して、適切な診療やスキンケアのアドバイスを受け、家庭でニキビ対策用クリームの塗布を行うと良いと思います。

 

ニキビ対策用のクリーム類は多数販売されており、多くは女性向けの製品として販売されていますが、男性でも使えるものもありますので、確認してから購入するようにしてください。

 

 

バルクオム肌活コース公式サイト