男の乾燥肌〜原因と改善法

ディーフラット公式サイト

 

男性の肌は女性より水分量が少なく皮脂が分泌されやすいため、様々な原因によって、乾燥肌になりやすいと言われています。

 

そこでここでは、男性が乾燥肌になりやすい原因と、その改善法について、お話していきたいと思います。

 

洗顔方法

洗顔する男性

まず最初に考えられる原因は洗顔方法の誤りです。

 

洗顔料或いは洗顔石けんを泡立てた後、手の平を顔に押し付けてゴシゴシ洗う、洗顔が済んだ後にタオルで顔を強くこすりながら拭くといった行為は、摩擦で肌の角質層を痛めて傷つけてしまいます。

 

また洗顔料にボディ用の石鹸や洗浄力の強い石けんを使って洗ったり、1日に何度も洗う等の行為をしても、必要な皮脂まで流すことになり、乾燥肌の原因となります。

 

ヒゲ剃り

髭剃り

次に考えられる原因はヒゲ剃りです。

 

ヒゲを剃刀で剃る際は刃を肌に直接あてるため、ヒゲと一緒に肌の角質層を削りとってしまう場合もあります。

 

角質層が削られてしまいますと、肌のバリア機能が低下し水分が逃げてしまうため、乾燥肌の原因となります。

 

保湿不足

次に考えられる原因は保湿不足です。

 

洗顔或いはヒゲ剃りの後に、それらの方法が正しくても間違っていても、保湿ケアを怠ってしまいますと、肌が更に乾燥してしまうことになります。

 

環境

次に考えられるのは周囲の環境です。

 

特に気をつけなければいけないのは冬の時期で、空気が乾燥しているために、肌の水分がどんどん蒸発していってしまうのです。

 

夏のエアコンの効いた室内に居る時も要注意です。

 

生活習慣

次に考えられるのは生活習慣です。

 

脂物や甘いもの、高カロリーなものの食べ過ぎ(偏食)や暴飲暴食、夜食の食べ過ぎ等の不規則な食生活、夜更し・朝帰り・睡眠不足等の乱れた生活習慣や、精神的なストレスや冷え等も、肌のバリア機能を損なって乾燥肌になる原因を作ります。

 

加齢

最後に考えられるのは加齢で、年をとってくると角質層の潤いを保つための保湿成分や、皮脂の分泌物等が減少し乾燥肌になるのです。

 

乾燥肌の改善方法

では次に、乾燥肌の改善方法をお話していきたいと思います。

 

洗顔方法

洗顔するイケメン

最初は洗顔方法についてです。

 

洗顔料は洗顔用のマイルドな石けん(植物性・無添加・低刺激)を使用し、よく泡立てて手の平や指を肌につけずに優しく洗いましょう。

 

濯ぐ際には水より少し熱い程度のぬるま湯を使い、濯ぎ回数は多くても25回位までにしましょう。

 

洗顔後は、タオルを顔に押し当てて水分をとり、ゴシゴシこすりながら拭かないようにしましょう。

 

ヒゲ剃り

次にヒゲ剃りの際の注意点です。

 

ヒゲ剃りの際に使用するシェービングフォームは、水分を蒸発させるエタノール等のアルコール成分が含まれていないものを使用し、3枚〜五枚刃の剃刀か電気シェーバーを使用して、同じ方向に何度も剃らないようにしましょう。

 

スキンケア

スキンケア

次に洗顔後やヒゲ剃り後のスキンケアでは、化粧水での保湿をしっかり行うようにしましょう。

 

ディーフラットなどのメンズニキビケア用品を使用することもおすすめします。

 

化粧水はメンズのものでも女性用のものでも構いません。

 

植物性・無添加・低刺激のものを使用し、バシャバシャとつけないようにしましょう。

 

肌への補給が必要な水分量は多くても数滴で充分であり、大量につけても蒸発するだけだからです。

 

入浴

次に入浴についてです。

 

入浴時には浴槽のお湯の温度を40度以下のぬるま湯とし、身体を洗う際にもタオルやアカスリで身体を強くこすって洗わないようにしましょう。

 

植物性無添加低刺激のマイルドな石けんを使用し、手の平によく泡立てた石けんをつけて優しく洗うと良いでしょう。

 

また素肌に直接着る肌着は、化繊は痒くなりやすいので避けウールも刺激が強すぎますので、綿100%のものを着るようにしてください。

 

食生活

最後に食生活はブロッコリー・菜の花・カボチャ・ニンジン等、緑黄色野菜を中心に、魚介・海藻類・大豆製品等の和食中心の食事を食べ、偏食や暴飲暴食などの不規則な食習慣は改めましょう。

 

ディーフラット公式サイト

男の敏感肌〜原因と対策

ディーフラット公式サイト

 

ここでは男性が敏感肌になる原因や、そうならないため或いは、敏感肌になってしまったときの対策等について、お話していきたいと思います。

 

お肌を気にする男性

敏感肌とは、普通肌よりも外部からの刺激に反応しやすい状態のことを指します。

 

原因としては洗顔料や化粧品による肌荒れや、外出したときに外気にあたることで、肌が赤くなってヒリヒリしてしまう、化繊の衣類が肌にあたって痒くなったり、ピリピリしたりしてしまう等のことが考えられます。

 

このように日常生活の中で肌に痒みや痛み、或いは赤みが出てくる人は、敏感肌と考えて間違いないと思います。

 

その他にも季節の変わり目の乾燥や紫外線・花粉等の刺激が原因で、一時的に肌のバリア機能が低下することがあり、そのときにキチンとスキンケアをしないことで肌の健康が損なわれて、敏感肌になってしまうこともあります。

 

男性の肌

男性は女性と比較しますとスキンケアに無関心であることが多いので、このケースに当てはまる人が多いと考えられます。

 

つまり性別を問わず、誰でも敏感肌になり得るということです。

 

男性の肌は女性の肌よりは厚く強いとはいうものの、毎日のヒゲ剃り後にスキンケアをしなかったり、日焼け止めなしで暑い夏に外出してしまうことで、肌に想像以上にダメージを与えている人が多いと思います。

 

男性の肌は女性の肌よりも、平均して皮脂量が多く水分量が少ないので、油断していると乾燥肌になりやすいと言われています。

 

肌が乾燥しますと角質層が乱れてバリア機能が低下し、ダニや花粉や埃等の異物が毛穴に侵入しやすくなり、肌荒れやかぶれの原因になります。

 

スキンケアする男性

ですから洗顔やヒゲ剃りの後には、必ず化粧水や乳液による保湿ケアをすることが大切です。

 

洗顔料やその他のコスメアイテムも、刺激の強い化学系の添加物を含むものではなく、無添加無香料で植物性のマイルドなものを使うようにするだけで、肌への負担は大幅に減ります。

 

洗顔をする際には、まず最初にぬるま湯だけで肌表面の汚れや常在菌を落とします。

 

洗顔ネットで洗顔料をよく泡立てて、手の平が肌に当たらない位の泡にしてから肌に乗せます。

 

毛穴に皮脂や汚れが溜まりやすいTゾーン→頬・口周り・目元の順に、泡をゆっくり転がすように洗いますと、必要な皮脂は残して洗うことが出来ます。

 

ディーフラット

濯ぐ際には、泡が肌に残っていますと肌荒れの原因になりますから、丁寧に行ってください。

 

水分はタオルでこすると肌を痛めますので、顔に押しあててとるようにしましょう。

 

その後は化粧水と乳液、必要であればディーフラットのような保湿クリームで保湿をします。

 

肌に合わない刺激性の強いスキンケアアイテムや日焼け止めは、無添加や低刺激のものに切り替えてください。

 

新しいものを買う時は、必ず事前にパッチテストを行ってから購入しましょう。

 

基本的に敏感肌は、毎日の十分は保湿で改善出来ると思います。

 

ディーフラット公式サイト