男のニキビの原因と治し方

ここでは男性のニキビの原因と思われる要因について、いくつかお話していきたいと思います。

ストレス

ストレスの男性

人はストレスによって緊張状態が続いてしまいますと、自律神経の乱れによってホルモンのバランスが崩れ、ニキビや吹出物ができやすくなると言われています。

 

精神的ストレスにより肌のターンオーバーが遅くなっても、老廃物が溜まりやすくなりますので、余計にニキビはできやすくなりますし肌荒れの原因ともなっています。

 

過剰なストレスは身体全体の健康にも悪影響を与えますので、悩みや不安を1人で抱え込まず、溜め込まないことが大切です。

 

ダイエットにも効果のある水泳・ウォーキング・ジョギング等の有酸素運動等を行えば血行も良くなり、ストレスを発散させることも出来ますので、是非毎日の生活に取り入れて欲しいと思います。

 

睡眠不足

寝られない男性

睡眠不足もホルモンバランスの乱れや、老廃物の排泄や肌のターンオーバーの低下、他の体調不良等の原因となり、肌の活力の弱体化にもつながります。

 

ですから肌の管理も体調管理の一環と考えて、睡眠は最低でも1日6時間はとることを心がけてください。

 

あまり早く寝て寝過ぎるのもまた逆に良くありませんので、どんなに遅くても午前2時までには寝ることを目標にすると良いでしょう。

 

肌の水分量

お肌の乾燥が気になる男性

男性の肌の水分量は女性の肌よりもかなり少なめで、皮脂や脂の分泌が多いとされています。

 

いわゆる、オイリー肌の人は洗顔や油取り紙等で、肌の余分な脂分を除去しておくようにしましょう。

 

暑い季節は汗を小まめに拭くことも大切です。

 

食生活

肉料理や揚げ物等、脂っこい高カロリーな料理や味付けの濃い料理は、皮脂や脂の大量分泌を促し毛穴に詰まらせてしまうため、ニキビや肌荒れの原因になります。

 

心当たりのある人は是非食生活を見直して、炭水化物・たんぱく質・ビタミン・ミネラル等の栄養バランスのとれた食生活を心がけるようにしてください。

 

ヒゲ剃り

ヒゲ剃りの際に保湿等のケアを十分行わなかったり、カミソリで肌に傷を付けてしまったり、所謂カミソリ負けの後のケアを怠ってしまいますと、そこから雑菌が繁殖してしまい、ニキビや肌荒れの原因となってしまいますので十分に注意してください。

 

洗顔・入浴しない

洗顔する男性

洗顔をせずに顔に汚れや皮脂を残したままで寝てしまいますと、やはり雑菌の繁殖を招いてニキビになりやすくなります。

 

暑い夏でも入浴はシャワーだけで済まさず、顔も身体も石けんでキチンと洗い、洗髪もしてから湯船でよく温まっておけば血行も良くなりますし、代謝も上がって肌のターンオーバーや老廃物の排泄もスムーズにいきますので、ニキビ予防になります。

 

洗顔後には化粧水と乳液でアフターケアをするようにしましょう。

 

 

 

男のニキビの治し方

上で書いたように、男性のニキビの原因にはストレス、睡眠不足、髭剃りといった事があります。

 

年代別で言うと、10代の思春期の男性ならば、男性ホルモンの過度な分泌が原因であると考えられます。

 

直接的な原因としてはスポーツ等の激しい競技に参加することや、異性から何らかの性的な刺激を受けた場合等があげられ、それらの要因によってホルモンが一時的に増加することが、ニキビのできやすい原因を作っていると思われます。

 

そしてこのようなホルモンの急激な変化によって顔の皮脂の分泌が急増し、ニキビが増えていくのです。

 

思春期とは身体的にも子供から大人になる過渡期ですので、個人差はあるものの、この時期のニキビは本人が不摂生等をしなくても、不可抗力でできてしまう場合もあるのが大きな特徴と言えるでしょう。

 

一方20代以降の成人男性の場合は身体的には成熟していますので、生活習慣の乱れによる影響が大きくなると言われています。

 

大学生の間は夜更しで睡眠不足になったり、脂っこいものや糖分の多いものを好んで食べてしまうことが想定出来ますし、社会人になってからは、お酒の飲める人は仕事上のお付き合いで飲むことが増える場合もありますし、お酒の飲めない人でも、仕事の上での人間関係による精神的なストレス等によるニキビも増えていきます。

 

では、男性のニキビの治し方についてお話しますね。

 

まず10代の思春期の男性の場合は過剰なホルモンの分泌を抑えるため、部活等でスポーツをやっている人は辞めなくても構いませんが、食事の内容を変えるだけでニキビを予防することは可能です。特に有効なのは大豆・豆腐・納豆などの大豆製品を摂ることで、大豆に含まれているイソフラボンという、女性ホルモン様物質がニキビ予防に有効な働きをしてくれます。亜鉛の含まれている牡蠣やナッツ類もお勧めです。また性的刺激の強い雑誌や映像等を、あまり見ないようにすることも大切です。18禁指定になっているジャンルの書籍や映画・深夜番組等は、見ないようにしましょう。

 

成人男性については脂っこいものや甘いものの過剰摂取、或いは深夜の飲食等によって乱れた食生活の改善と、お酒はプライベートでも仕事上の付き合いでも、なるべく飲む量を減らすようにしましょう。また出来るだけ十分な睡眠をとりストレスを溜め込まず、上手に発散する方法を見つけることも大切です。スポーツ・映画・読書・模型作り・釣り等の趣味を持っていなくても、毎日少しづつリラックスする時間を持つようにし、ハーブティ等を飲みながら音楽を聴いたり、エステでマッサージを受けたりしても良いでしょう。もし時間がとれて経済的に余裕のある人は、呼吸法のトレーニングを行う瞑想や武道を行う道場のような所を、利用してみても良いと思います。お寺で座禅や写経をするというのもお勧めです。男性でも利用出来るサウナやヨガ道場を利用する方法もあります。

ニキビの種類〜男性ができやすいニキビ

男性のニキビにはいくつかの種類があります。今回は男性のニキビの種類についてお話します。

 

ニキビの肌

白ニキビ

一番最初にできるのが白ニキビです。

 

白ニキビは、毛穴に皮膚の汚れや垢、埃、汗、皮脂などが詰まっている状態のニキビです。

 

目に見えないほど小さなものですので、この状態の時に丁寧に洗顔をして汚れを落とせばニキビを未然にふせげることが多いです。

 

黒ニキビ

黒ニキビは、毛穴に詰まった汚れや垢、皮脂が毛穴をうめて、それが角栓となり黒いボツボツとなった状態のニキビです。

 

小鼻の周りなどにできることが多く、毛穴の詰まりによってできる典型的なニキビです。

 

赤ニキビ

毛穴に詰まった角栓が皮膚の常在菌と合成して炎症を起こした状態のニキビです。

 

赤く腫れて、痒みや痛みを伴うこともあります。

 

頬や額などに何カ所かできると、顔全体が赤ら顔になります。

 

ニキビで顔の赤みがでるのは赤ニキビが原因です。

 

この状態でケアすれば、これ以上悪化することを防げますので早めの対処が必要です。

 

黄色ニキビ

黄色ニキビは、炎症を起こした患部の皮膚のダメージが皮膚のかなり深い部分までおよんで、肌の表面が膨れあがっている状態のニキビです。

 

瘤のように膨らみがあり、中に膿が溜まっているので潰すと跡が残ることもあります。

 

このようにニキビがかなり悪化してしまうと、あとはニキビ跡が残らないよう対策するしかありません。

 

クレーターニキビ

クレーターニキビは、肌の表面に凸凹ができ、ニキビ跡が頬全体に広がった状態です。

 

特にクレーターニキビは男性にも多いニキビで、肌の乾燥も同時に起こりやすくなります。

 

一度クレーターニキビができてしまうと、なかなか治りにくく、10代でできたクレーターニキビが、大人になってから深く沈着していることがあります。

 

このようなクレーターニキビは、肌の乾燥により悪化します。

 

ニキビケアによい化粧品

このようなニキビの原因が起こるのは、皮脂分泌と乾燥が原因となります。

 

特に男性のニキビが悪化して、治りにくいのはニキビケアが不十分なためです。

 

男性は洗顔には積極的ですが、洗顔後の保水や保湿ケアまで行っていないことがほとんどです。

 

これが男性のニキビを悪化させてしまいます。

 

そこで男性のニキビケアに重要なのは洗顔後の保水・保湿ケアをしっかりと行うことです。

 

洗顔でしっかりと皮脂を抑え、清潔にたもつことができたら、ディーフラット(D-Flat)などの男性用ニキビケア用品で保水と保湿を行いましょう。これでニキビを悪化させたり、ニキビ跡を防ぐことができます。

 

ディーフラット

 

ディーフラット公式サイト