男と女の肌の違い

 

ここでは男性と女性の肌の違いについて様々な側面から、お話していきたいと思います。

 

まず最初にお断りしておきますが、基本的な皮ふの構造や肌の潤いが保たれる仕組み等は、男女で違いがあるわけではありません。

 

明確な違いとして言えるのは…

  • 男性の肌の方が女性の肌よりも厚い
  • 男性の肌は平均して、女性の肌の約2.5倍の皮脂が分泌される
  • 女性の肌の方が男性の肌より水分量が多い
  • 女性は初潮・初潮後の毎月の月経・閉経、又人によっては妊娠や出産等、肌が影響を受けやすい体の性質やイベントが多い
  • 女性は毎日スキンケアやメイクを行う人が多いので、実は肌に負担を与えている人が多い
  • 男性は大人になると毎日のようにヒゲ剃りをしている人が多いのに、きちんとスキンケアを行わない人が多いので、肌に負担を与えている人が多い

といった事柄です。

 

女性の薄い肌はキメが細かく柔らかくて一見キレイに見えますが、その分肌のダメージは受けやすくなりますので、女性の肌の方が紫外線の影響や加齢による肌の変化が、男性より早く出やすいと言えます。

 

男性の肌

これは男性の肌も遅かれ早かれ、そうなるということですので、変化の時期にズレがあるというだけの違いですので、勘違いしないようにしましょう。

 

とは言うものの、男性の皮ふは厚くキメが荒く硬いため、基本的にはダメージには強いとされています。

 

男性の肌は若い内は特に皮脂量が多いため、肌表面がぬめっていることが多く、乾燥することはないと思われがちですが、先程お話したように、男性の肌の水分量は女性より格段に少ないので、人によっては乾燥していたり、乾燥しやすかったりしますので、油断は禁物です。

 

一方で女性の方は男性の肌より皮脂量が少ないことで、肌の水分量が色々な要因で減ってくると乾燥を感じるようになります。

 

また男性の肌の皮脂量は30代をピークに、段々に減っていくと言われています。

 

勿論個人差もありますから、人によっては50〜60代でも脂性の肌のままの人もいます。

 

そして女性は元々皮脂量が少ないのに、40代以降は女性ホルモンの分泌の減少や閉経等により、更に減少するという不可侵の性質があるのに、人によっては毎日のスキンケアやメイクのために、返って肌に負担やダメージを与えている場合があります。

 

男性も毎日のヒゲ剃りで皮ふ表面や角質層まで剃ってしまう他、ゴシゴシ洗う洗顔や紫外線対策を行わない等の無頓着さで、肌に負担やダメージを与えている人が多いため、肌の老化を招きやすくなっています。男女を問わず、スキンケアはやり過ぎてもやらなくても、肌には良くないということです。