主婦看護師が選ぶ 好条件アルバイト

看護師のアルバイトは非常に人気

結婚し、出産。それがきっかけで職場を離れる看護師は数多くいます。

しかし、子育てにひと段落すると、職場復帰を希望する看護師が多くいるのも事実です。

そして、看護師のアルバイトは非常に人気の勤務形態の1つといえます。

復帰する看護師のタイプは2つ

復帰する看護師はいくつかのタイプに分かれます。

  1. フルタイムでの勤務を希望する人
  2. 短時間勤務を希望する人

このどちらかを選ぶかは、その人それぞれの考え方があるわけです。

例えば、「子供が小さいうちは家にいて、幼稚園や保育園に行くようになったら短時間勤務で看護師として働いて、その後、子供が小学校や中学校に行くようになったらフルタイムで働く」

という人もいますし、「子供が小さいうちから誰かに預けてフルタイムで働く」という人もいます。

どれが正解というわけではありません。その人の考え方、生活している環境という背景があるためです。

人気な看護師アルバイト

看護師には様々な勤務形態があります。

「仕事の幅が広いため」ということもありますが、なるべく人材を確保しておきたいという雇う側の気持ちもあるのです。

なぜなら、看護師の離職率は比較的高いとされています。女性中心の職業ですので、結婚や出産で離職率が上がるのは当然のことです。

また、女性中心の組織となるため、いろいろと問題も起こったりします。

しかし病院にとって、看護師不足は致命的な問題となります。

そこで、少しの時間でもよいので、勤務してくれる人材が必要となってくるわけです。

そこで「アルバイト」という勤務形態が選ばれるのです。

また、求職をしている看護師からしても、まずアルバイトで働き、病院内の雰囲気を感じ、良いと思ったら正社員になるというステップのほうが、安心して就職することができます。

初めから正社員として就職し、職場の雰囲気が悪いからやめる!では、何度も離職を繰り返すこととなってしまいます。

看護師の時給

働く地域や病院によって時給は様々ですが、看護師がアルバイトするときの時給は2000円~2500円前後といわれています。一方准看護師の場合は1000円前後とされています。

ただし、同じ地域でも最低賃金と最高賃金の差が3倍以上開くこともあります。同じ看護師のアルバイトなのにかなり大きな違いとなるわけです。

そのため、アルバイトを探している方は、しっかりと根気強く探すことをお勧めします。

良いお医者さんほどすぐにいなくなってしまう...

やっぱり、小児科のお医者さんで子どもに優しいお医者さんは助かります。しかし、小児科のお医者さんで子どもに優しくない、冷たい態度をとるお医者さんもいますからね。

しかし、先日までうちの地元の病院に入ってくれていた小児科のお医者さんは子どもに対して、とても優しい言葉掛けのできるお医者さんでした。けれども、もう別の病院へと異動してしまって今はいないのですけれど...。

沢山の人に感謝!この病院で良かったと本当に思えました

私は出産後すぐに病気になり、2回とも同じ病院に入院する事になりました。初産だったのですが、予期せぬ早産で未熟児を出産し大変でした。精神的に落ち込む事が多く小さく産まれたわが子をNICUで見守るしかない私を励ましてくれたのも、看護さんやお医者さんでした。

肺炎での入院

二人目の子どもが生まれて9ヶ月くらい経った頃でしょうか。子どもからうつった風邪がなかなか治らずてこずっていました。そのうちに、何かしゃべるだけでせき込むようになり、毎日いつ熱を測っても38~39度。

このような状況が1週間以上続きました。最初は子どもと同じ小児科専門の街の病院でお薬をもらっていたのですが、授乳中ということで弱い薬しか処方されました。その薬を飲んでも全く治らず、とうとう小児科の先生から総合病院への紹介状を渡されました。

不規則が規則正しい事を証明してくれた男性看護師の機転

自営でもある私にとって、夜は稼ぎ時なのですが、不規則な生活数か月続き、体調不良で入院した際に助けて頂いたのは男性看護師の機転でした。

病院と言えば規則正しい生活の上、食事の時間もきちんと決められており、いわゆる模範的な生活を前提とした生活スタイルでの治療が行われますが、夜間作業が多く他の人より半日遅れて生活を余儀なくされる私には、昼食が朝食となるほど生活スタイルが違うのです。

家内の呼吸器内科の主治医について

家内は2015年の秋にかかりつけのお医者さんからあまりのせきのひどさを指摘され、大きな病院を紹介されて診察、精密検査を受けた結果、肺がんのステージ4と診断されました。もちろん、最初その診断を聞いたときのショックは本人だけではなく、わたしも声にならないほどでした。家内はまだ41歳です。子供もまだ17歳と14歳。